烏山杉の子保育園分園みなみ風鳩ぽっぽ保育園下馬鳩ぽっぽ保育園分園野の花園
経堂保育園ひだまり保育園さくらのその保育園池尻かもめ保育園遊愛保育園 社会福祉法人杉の子保育会

こんだて

HOME > ひだまり保育園 > こんだて

1件〜5件を表示中

 1  2  3  4  5    次ページへ>>

   
【掲載日:10月2日】2018-10-02

10月の献立

〜 10月10日は目の愛護デー 〜

 最近では、テレビのみならず、スマホやタブレットに夢中になるお子さんも多いのではないでしょうか。あまり使いすぎると、子どもの視力低下が心配になりますよね。

 子どもの成長過程において、6歳くらいまでは身体発達が著しく盛んな時期です。子どもの目の健康のためには、目に良い食べ物と言うよりは、成長過程に必要なエネルギーや栄養素をきちんと摂ることが大切です。

☆目の健康に必要な栄養素

 ・「たんぱく質」… 細胞の素となる。肉類、魚介類、卵、大豆製品など。

 ・「脂質」… 脳や神経系の発達に欠かせない。特に青魚に多く含まれるDHAが目に有効。

 ・「炭水化物」… 脳と身体のエネルギー源。ごはん、パン、うどん、じゃがいもなど。

 ・「ミネラル」(カルシウム)… 骨や歯を作り代謝活動を助ける。牛乳、乳製品、小魚、豆腐、小松菜など。

 ・「ビタミン」… 健康を維持するために不可欠。特にビタミンA(βカロテン)は、不足すると夜盲症になり、視力の維持には欠かせない。かぼちゃ、人参、うなぎ、レバーなど。

PDFファイル【1,232KB】

【掲載日:9月7日】2018-09-07

9月の献立

〜 食欲の秋、魚を食べましょう! 〜

 まだまだ暑い日が続きますが、朝晩は過ごしやすくなってきましたね。実りの秋がやってきました。野菜では、じゃがいもやさつまいも、果物では梨やぶどう、その他きのこ類など、おいしい食材がたくさん旬を迎えます。

 秋の訪れを感じる食べもののひとつに、魚があります。さんまや秋鮭などが焼きあがる香りには、食欲を刺激されますよね。夏に下降気味だった食欲を取り戻せるように、食卓に旬の魚を取り入れてはいかがでしょうか。

☆鮭 … 旬は9月〜11月。産卵前の秋鮭は脂がのっておいしい。鮭の赤い色は、筋肉中に含まれるアスタキサンチンという色素によるもので、抗酸化作用がある。

☆さんま … 旬は9月〜10月。秋に最も脂がのりおいしい。良質のたんぱく質や、ビタミン、DHAを多く含む。口先の黄色いものは脂がのっておいしい証拠。

☆さば(真さば) … 旬は10月〜12月。「秋さば」「寒さば」などと呼ばれるように、秋から冬にかけて脂がのり、おいしい。たんぱく質や、DHAの多い魚。

☆しらす … 春の新漁の時期のしらすは有名ですが、9月〜10月の秋も旬。秋しらすは脂がのり、身が引き締まっている。たんぱく質やカルシウム、DHA、EPAが豊富。

PDFファイル【1,295KB】

【掲載日:8月1日】2018-08-01

8月の献立

〜 子どもの上手な水分補給 〜

子どもは本当によく汗をかきますね。でも、水分を摂りすぎると、夏バテのように体がだるくなります。夏を乗り切るためにも、上手な水分補給をしましょう。

☆ 汗をかく時の前後に飲もう

寝る前、起きてから、お風呂に入る前、出た後、運動する前後などに、こまめに水やお茶を飲みましょう。

☆ 一度に大量に飲まない

一度に大量に飲むと、胃に負担がかかってしまいます。一度に飲む量は、コップ1杯程度にしましょう。

PDFファイル【1,357KB】

【掲載日:7月2日】2018-07-02

7月の献立

〜 夏野菜で暑い夏を乗り切りましょう! 〜

梅雨も明けて、本格的な夏がやってきました。暑いと、食欲がなくなって体調を崩したり、また、熱中症にも注意が必要です。そこで、旬の夏野菜を食べて、規則正しい生活をして、暑さに負けない身体づくりをしましょう。

☆トマト … 抗酸化作用のあるビタミンAとCが豊富。ビタミンEと一緒に摂取する事で効果が高まるので、オリーブオイルを使って調理するのがおすすめです。

☆ピーマン … ビタミンCが豊富。ピーマンは組織が強いため、加熱調理でもビタミンCが壊れにくい特徴があります。炒めて調理すると、苦みや青臭さも軽減されて食べやすくなります。

☆かぼちゃ … βカロテン、ビタミンC、ビタミンEを含んだバランスの良い野菜。βカロテンは、体内でビタミンAに変換され、免疫力を高めるなどの作用があります。皮に栄養素が豊富なので、皮ごとの調理がおすすめです。

PDFファイル【1,330KB】

【掲載日:6月1日】2018-06-01

6月の献立

〜 6月4日から10日は、歯と口の健康週間です 〜

 乳歯でも虫歯になると、ものがしっかり噛めずに、栄養の吸収が悪くなったり、固いものを嫌うようになり、偏食の原因にもなります。さらに、きちんと噛めないと、あごが発達せず、永久歯の並ぶスペースがなくなり、歯並びが悪くなってしまう事もあります。

 虫歯をつくらないためには、規則正しい食生活が大切です。決まった時間に食事をしていると、唾液による修復が追いつくので、虫歯を予防できます。規則正しく、また、強い歯をつくる栄養素が十分に摂れるバランスの良い食生活を送り、健康な歯を保ちましょう。

●歯を強くする栄養素
 ・カルシウム…歯の原料となる。牛乳、乳製品、小魚、大豆、干しひじき、小松菜など

 ・ビタミンD…カルシウムの吸収を助ける。魚介類、卵類、きのこ類など

 ・ビタミンA…エナメル質をつくる。レバー、卵、うなぎ、チーズなど

PDFファイル【1,350KB】

1件〜5件を表示中

 1  2  3  4  5    次ページへ>>

Get AcrobatReader

こんだてのファイルは、PDF形式となっております。
PDFファイルを読むにはAdobe社の「ActobatReader」が必要です。

このページの上部に移動します
【ひだまり保育園】世田谷区経堂4-13-10 TEL03-3427-4020 FAX03-3427-4028
Copyright(c)Suginoko-hoikukai All right reserved.