• つぼみ

つぼみ 12月の献立

更新日:5月6日

 一年で最も昼が短くなる冬至。運がつくとして「ん」のつく食べ物のかぼちゃ(なんきん)を食べます。昔は夏が旬のかぼちゃを冬まで保存し、貴重なビタミン源として冬に食べました。

 この日にかぼちゃを食べると、風邪をひかないといわれます。かぼちゃと、邪気を払うといわれている小豆でつくる、「かぼちゃいとこ煮」を食べる地方もあります。柚子湯は、柚子の強い香りで邪気を払うとされています。柚子の成分が血行を促進し、身体をあたためて風邪を予防します。


 保育園では、柚子で足湯をするほか、柚子ゼリーやかぼちゃのいとこ煮を提供します。

昔から伝わる日本の風習に触れられる貴重な機会を、楽しみたいですね。