• 下馬鳩ぽっぽ保育園

下馬鳩ぽっぽ保育園 2月の献立

更新日:1月26日

2月3日木曜日は節分です。暦の上では、立春から寒が明け、徐々に暖かくなっていくと言われています。季節が一巡して草木が芽吹き始める大きな変わり目という意味で、現在では節分というと主に立春前を指すようになりました。

節分の豆まきは、その年に災いが起きない様に願う行事です。園内で子どもたちが行う豆まきは新型コロナウイルス対策も考慮しながら行う予定です。当日は園の正面玄関に鬼が嫌うとされている柊や焼いた鰯の頭を飾り、園の邪気払いもします。

節分で使用される福豆や、ひよこ豆やとら豆などの豆類を節分くらいから事務所前で展示する予定です。子どもたちに豆にもいろいろな種類があることを知ってもらえたらいいなぁと願っています。ちなみに現在事務所前では、『かおりをたのしもう!』という展示を行っており、子どもたちに一番人気があるのはゆずの香りです。園庭に柚子の木があり、収穫したり柚子で足湯を楽しんだりして身近な存在になっているのかもしれません。


また、2月と3月の献立には年長のかぜグループが今までに食べた園の食事の中で卒園までにもう一度食べたい!というリクエストメニュー(♪)を入れています。