top of page

野の花園 6月の献立

 色づき始めた紫陽花に、梅雨の訪れを感じる季節となりました。

季節の変わり目は、1日の寒暖差も大きく体調も崩しやすい時期です。

むし暑さで食欲を落とさないように、さっぱり食べられる献立作りを心がけました。


 6月30日には「夏越の祓」という、半年の間に身に溜まった穢れを落とし、

残り半年の息災を祈願する神事があります。

そこでこの日のお昼は、くぐると厄除けになるという「茅の輪」をイメージして、

麦ごはんの上に、緑や赤の旬の野菜を使ったかき揚げをのせ、

おろしだれをかけた「夏越のかき揚げ丼」を、

おやつには、京都で食されることが多い「水無月(みなづき)」という

和菓子を提供します。



2023.6たより
.pdf
Download PDF • 302KB


2023.6献立表
.pdf
Download PDF • 115KB

bottom of page