top of page

7月7日、七夕です。

七夕、天の川の両側に分かれて暮らす織姫と彦星が1年に1度会える日です。

経堂保育園では、数日前から願いを込めた短冊や飾りを笹に付けて楽しみながら、

今日は、地域の方もお招きして「七夕の集い」を行いました。

「七夕の集い」では、季節の習わしの由来を演じた「劇」をみたり、歌をうたって

楽しみました。




彦星は牛飼い、織姫は機織り、仕事に励む2人でしたが、出会ってからというもの、毎日

遊んでばかり…。天の神様は怒って、2人を天の川の両側に分けてしまいました。会えなくなって悲しむ2人の姿を見た神様は、真面目に仕事をするなら、1年に1度、七夕の日には、天の川を渡って会えるようにしてくれました。

      今夜は、織姫と彦星の姿を思い浮かべながら、ご家族で夜空を見上げて

      みてはいかがですか?ませんか?


     ★ ★ ★ みなさまの健康と幸せを、七夕の星に願います ★ ★ ★




Commentaires


bottom of page